products
img

コンビック

従来工法と比べ同等の質感を持ちながら、施工の省力化など様々な工夫により、約50%の低コストで施工可能な擬岩工法です。

コンビック
  • NETIS番号:KT-010062-A
  • NETIS掲載期限終了技術

特徴

特徴

用途例

港湾・漁港・海岸:
緩傾斜修景護岸、防波堤、波除堤、突堤、離岸堤、人工リーフの位置標識、人工磯、岩礁工など
河川・砂防:
砂防ダム、流路工、護岸工、床固工、水制工、落差工、魚道工、階段工
道路・公園:
トンネル坑口、法面保護工、擁壁工、モニュメントなど

1.低価格

基本部材となるコンクリートパネルをプレキャスト化し、さらに目地部の下地鉄骨の取付加工を省力化することにより、従来型造景ぎ岩工法(FRC工法)に比べ、直接工事費を半分以下にすることができます。

2.周囲に溶け込む自然な景観

コンクリートパネルは、360度自由に回転でき、パネルと隣合う目地部に連続性を持たせた造景を施すことにより、自然の岩盤と変らない景観、表面の質感を再現できます。

3.優れた施工性

コンクリートパネルにあらかじめ設置されたインサートナットを活用してパネルの取付、及び目地造景用下地鉄骨の支持材になるため、めんどうな配筋の手間がいらず施工の省力化につながります。また金網は、目地部の処理を簡略化し、施工の省力化につながります。背後の中詰コンクリートを打設する場合においても、パネル面は平滑面のため、空洞部が発生せず強固に一体化が図れます。加えて、従来工法のようなコンクリートの打設数量の誤差が大幅に改善されました。

4.高耐久、高強度構造物の実現

コンクリートパネルは、圧縮強度24N/mm2以上を確保し、かつパネル間の目地部に使用するGFRCは、圧縮強度40N/mm2以上を使用します。さらにパネルは、GFRCパネルに比べて部材が厚いため、全体が高強度、高耐久構造物となります。

関連商品

その他

NETIS掲載期限は終了いたしました。

return製品一覧に戻る