products
img

ダルマユニット

自然共生を目指し、従来から場にあるもの(自然石)をより機能的に有効活用した(並べ替えた)工法です。

特徴

特徴

用途例

河川:魚道工、護床工、根固工、護岸工(緩勾配)

1.発生自然石、現地自然石の有効活用した工法

ダム、道路工事にて発生した自然石(発生自然石)や、工事計画場所付近の現地の自然石(現地自然石)を主材料として利用します。

2.経済性を追求した工法

主材料が周辺の自然石を使用するため、安価な工法です。投網タイプは、石材選別の省力化、制作と据付を一体とした工程の短縮化を可能とし、根固めコンクリートブロックなどと同等の直接工事費となります。

3.生態系にやさしい環境を確保する工法

二層構造が成す立体空間が、多種の魚にとって餌場、棲み家、隠れ場といった多様な空間となります。自然石間では様々な流れが生まれます。堆積した土砂は、水生植物(ヨシ、アコモなど)が植生する河岸植生帯となります。周辺の自然石を使用するため在来種に与える負荷を抑え、同時に外来種の侵入を防ぎます。

4.自然豊かな景観を創出する工法

周辺に従来からある自然石を使用するため、自然石の色、質感は変わらず、周辺と調和した景観を創出します。

5.洗屈に強い構造となる工法

周辺にある20cm以下の自然石にて河床を敷き均し、その上部に「ダルマユニット工法」を行うことで、多層砂礫で構築する逆フィルター効果が働き、土砂の吸い出し等による河床洗屈を防止する構造となります。
また、全ての粒径の自然石を有効に活用することとなります。

規格・諸元

ダルマユニット

規格 参考寸法
L×B×H
(m)
参考質量
(t以上)
1t 1.6×1.6×0.50 1.0t
2t 2.0×2.0×0.55 2.0t
3t 2.0×2.0×0.60 3.0t
4t 2.3×2.3×0.60 4.0t
5t 2.5×2.5×0.65 5.0t

※寸法は参考値であり、使用する石材により異なります。
※予告なく仕様を変更する場合がありますが、ご了承下さい。

関連商品

return製品一覧に戻る