環境活性コンクリート

アミノ酸の一種「アルギニン」を混和したコンクリートです。コンクリートの表面からはアミノ酸がゆっくりと溶出し、表面に付着する微細藻類や小型藻類の生長を促進し、微細藻類を起点とした良好な水域環境(生態系ピラミッド)を形成します。
 

■平成29年度土木学会環境賞 受賞(Ⅰグループ)
“防災”と一体となった”環境配慮”を実現する「アミノ酸混和コンクリート」の開発と実用化
(推薦者:岡山大学大学院 前野詩朗教授)

■第34回国際航路会議
PIANC Working with Natureの認証を受けました。

国立研究開発法人科学技術振興機構
持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた産学官NGO等の取り組み事例に掲載されました。

■(一社)漁港漁場新技術研究会
水産公共関連民間技術確認審査・評価取得技術 第14-B-004号

■(一社)農業農村整備情報総合センター(ARIC)
農業農村整備民間技術情報データベース(NNTD) ARIC NNTD番号:1291

 

NETIS番号 SK-120002-A
NETIS掲載期限終了技術

特長

 

 

ブロックに設置した事例

 

※詳細はカタログをご参照ください。

使用場所・用途

  • 河川
  • 海洋
  • 砂防
  • マウンド被覆
  • 床固
  • 根固・護床
  • 残置型枠
  • 水制
  • 消波
  • 潜堤・人工リーフ
  • 直立消波・斜積消波
  • 突堤・ヘッドランド
  • 護岸(張り)
  • 護岸(積み)
  • 防波堤港内側補強
  • 防潮堤被覆
  • 離岸堤
  • 魚礁・藻場礁
  • 魚道

実績

関連製品