焼津漁港

焼津漁港は、駿河湾のほぼ中心に位置した特定第3種漁港であり、全国でも有数の水揚げ量を誇る水産物の重要な流通拠点です。一方で東海・東南海地震津波が危惧されていることから、漁港や背後地の津波被害を最小限に抑え、早期の水産業再開を図るため、地震や津波に耐える粘り強い防波堤などの整備が行われています。

 

 

 

海の外が荒れている時でも大きな波を防ぎ、港を安全に保つ施設です。防波堤を地震・津波から守り、粘り強さ(倒壊しにくさ)を発揮するために、防波堤港内側補強工法「サブプレオフレーム(SPF)」が、防波堤の港内側に設置されました。コンパクトな補強体を構築するため、航路や泊地に与える影響が小さく、経済的です。

 

 

 

 

SPFは、中詰石と捨石マウンドが強固にかみ合うコンクリート枠体構造であり、防波堤を粘り強くする工法です。中詰石部は上下方向がオープンなフレーム形状のため、多様な生息空間を創出し、防災と環境の両立を実現します。

 

▽製品ページはこちら

サブプレオフレーム